【重要】代理出産を事実上禁止しようとしている自民党PTに、抗議のメールを送りましょう!
自民党のプロジェクトチームが国会に提出しようとしている生殖補助医療法案は、条件付き代理出産を認めるとは言いながら、その条件というのは、子宮がないこと(子宮があって不妊という人が殆どです)、金銭の授受を認めないこと(ボランティアで代理母になる人を見つけることは不可能に近いです)で、事実上代理出産を禁止するものです。この法律は不妊に悩む人々の最後の望みを断ち切る天下の悪法になります。メディアでは、いわゆる「子供の出自を知る権利」ばかりが報じられていますが、それに誤摩化されてはいけません。現在のような内容での新法案を撤回するように、皆さんの声を結集しましょう。不妊に悩む人々の気持ちを無視した生殖補助医療法など、全く意味がないものです。手遅れになる前に、当事者である皆さん自身が意見表明をしてください。
ここをクリックすると、自民党にあなたの意見を送るページに繋がります。

※インドの情報についてのご注意

▶インド政府は2015年10月28日、外国人がインド人女性を代理母とした代理出産を利用することを禁じる方針を明らかにしました。これで「代理出産のメッカ」であったインドでの外国人向け代理出産は幕を閉じることになります。
Baby for All ではこれまで、合法的に代理出産が行える国として、インドの代理出産もこのブログでご紹介してきました。そのため、過去記事の中に、一部インドの過去の情報が残っていることがあります。ご注意ください。
また、会員専用ページの内容も、インドの情報が記載されていますので併せてご注意ください。

2018年2月22日木曜日

丸岡いずみ夫妻で再び注目される「代理母」(2)

Biglobeニュースで
配信されました
既にこのブログでも何度か紹介している
日本で唯一、公に代理出産を行っていた
諏訪マタニティクリニックの根津医師に関する記事です

以下、引用しながら
Baby for Allの見解を
コメントしておきたいと思います

引用部分は青字で示しました
前回の続きです

 「国内で禁止するからみんな海外に行ってなんとかしなきゃいけない。ボランティアという形でできないからお金を払わなきゃならない。なんで禁止するか僕はわからない。困ってる人同士がみんなで助け合っていこうというのが社会のシステムなんだから」。
 そう話すのは、諏訪マタニティクリニックの院長・根津八紘医師。2001年、国内初となる代理出産を実施したことを公表、大きな波紋を呼んだ。日本産科婦人科学会は2003年、妊娠・出産に伴う危険性を代理母に負わせる上、生まれた子どもを代理母が手放さないというトラブルの可能性を指摘、代理出産を禁止する指針を定めた。それでも根津医師は「日本国民が代理出産の問題を明日は我が身の問題として論議して、今後の方向性を出す一助にしていただけたらと考えている」と2006年の会見で訴え、これまで卵子提供者の母親や姉を代理母として16人の子どもを誕生させてきた。
「出産で赤ちゃんを亡くし、子宮も無くしてしまった姉のために、妹さんが代わりに産んであげたいという切実な願いの中で始まった。そういう人を放っとけなかった」。

この根津医師の心情こそ
本当の意思のあるべき姿ではないでしょうか
解決方法が目の前にあるのに
手を拱いて何もしないのは
石のすることではないと私たちは思います

 日本産科婦人科学会が体外受精と代理出産の境界に区切りをつけ、社会の理解もなかなか進まない状況に対し「子宮がない人、卵子が取れない人、精子がない人が子どもを作らなくていいんだ、諦めなさいと切り捨てるのか。そうした人たちを、いわば"生殖障害者"として考えて、みんなが助けてあげようと言えばいい。国内でなんとかしてあげるという努力をしないで禁止しとけばいいというのは間違い」と批判した。

問題は、理由づけをして禁止をするだけで
患者に対する解決策を何も提示しないことにあります
根津医師を批判することは簡単ですが
医師として何もしない学会自身に
倫理的な問題がないのかと言いたいです

 根津医師の元で不妊治療を行なって子どもを授かった母親は、「みなさん自然に授かるというのにすごくこだわっている。それが普通という風に思っている方もいらっしゃると思うが、治療して授かるということはいけないことなのかな」と思いを明かす。

まさにその通りだと思います
子宝に恵まれないご夫婦が
それを可能にできるなら
その夢を捨てなさいということは
間違いだと思います

Baby for Allは憲法に定められた
幸福追求権の侵害だと思っています
(続く)

2018年2月21日水曜日

丸岡いずみ夫妻で再び注目される「代理母」(1)

Biglobeニュースで
配信されました
既にこのブログでも何度か紹介している
日本で唯一、公に代理出産を行っていた
諏訪マタニティクリニックの根津医師に関する記事ですが
現在の代理出産の環境についての解説が含まれています

以下、引用しながら
Baby for Allの見解を
コメントしておきたいと思います

引用部分は青字で示しました

丸岡いずみ夫妻で再び注目される「代理母」 解禁を訴え16人を出産させた医師の思いとは
2018/1/31 19:00
©株式会社AbemaTV 
 「この度、私たち夫婦の凍結受精卵を用いた海外での代理母出産で2018年1月3日(現地時間)に3400gの元気な男の子が生まれました」。
 今月23日、第一子誕生をブログで発表したフリーアナウンサーの丸岡いずみ(46)と夫で映画コメンテーターの有村昆(41)。代理出産先進国のアメリカではなく、ロシアで生まれたことでも注目を集めている。
 他人のお腹で自分の子どもを育てる代理出産について、子どもを持つ親たちはどう見ているのだろうか。街で話を聞いてみると、
 「子どもを持つ親としては子どもが欲しいという気持ちはすごくわかるので、その選択肢もありかなと思う」
 「日本の方に産んで欲しい気持ちはある。でも、かなりリスクはありますよね。お金もかかるし、難しい問題だと思う」
 「倫理的に問題があるというのもよくわかるが、高齢だけどどうしても子どもが欲しいという方の気持ちもわかるので、法整備とかきちんとして問題ない形で個人が選択できるようになればと思う」
 と、親としての気持ちを理解するコメントが相次いだ。

実は、ブログの他の記事にすでに書いたことですが
世論調査によれば
半数以上は代理出産に賛成なのです
この事実を、政府や学会も認めるべきです
全員が賛成するようなことなど
世の中にはないのです
なぜ代理出産にだけ「異議なし」を求めるのか
理解に苦しみます

■「放っとけなかった」
 世界では多くの国で認められている代理出産だが、日本では法的に禁止されてはいないものの、1983年には日本産科婦人科学会が代理出産を認めない意思を表明、原則禁止という状況だ。同学会は「生まれてくる子の福祉を最優先するべきである」「代理出産は身体的危険性・精神的負担を伴う」「家族関係を複雑にする」「代理出産契約は倫理的に社会全体が許容しているとは認められない」という見解を示している。そのため、代理出産はほぼ他国で行わざるを得ない状況だ。費用もケースバイケースで、代理出産仲介業者「J baby」の斉藤代表は「アメリカでは日本円で1500万円くらいを目安にされるといいと思う。費用は代理母への謝礼金と代理母の保険によって大きく異なってくる」と話す。

この、日本産科婦人科学会の見解については
後日批判をしたいと思いますが
アメリカで1500万円というのは甘すぎます
基本料金がその程度でしょう
実際には2000万円を優に超えます
これは、ここでは語られていない弁護士費用が掛かるからです
アメリカの弁護士費用は
契約で固定されるのではなく
実働時間に基づいて請求されます
例えば、訴訟が長引けば長引くほど
弁護士費用は高くなります
だから、損害賠償請求などでも
費用を懸念して断念するケースもあるのです

代理出産の場合
依頼者、エージェント、代理母三者の弁護士費用を
依頼者が負担するということも多くあり
弁護士費用だけでも数百万円かかるのは
ごく一般的な話です
(続く)

2018年2月20日火曜日

40歳、まだ妊娠できない悩みをお持ちの方に。

アメリカでは43歳になると
原則として不妊治療はしてもらえません
可能性が限りなくゼロに近く
そういう人を「治療」すれば
金儲けだという批判を受けることになるからです

日本では、40歳前半まで
ひどい場合には50歳近くまで不妊治療を続けることがあります
生理があれば妊娠するというのは誤解です
そういう事実さえ、医師が知らないのかと
疑ってしまいます

いずれにしても、不妊治療の長期化
不妊治療の高齢化は
代理出産という選択肢が
事実上閉ざされているのも理由のひとつです

IVFに失敗する理由は

1.卵子の老化
すでにご承知の通り
卵子は35歳から急激に老化します

2.着床障害
これも卵子の状態に影響を受けます

3.受精卵移植の個数
日本では受精卵は1個しか移植しません
日本以外の国では40歳以上の場合には
3〜4個子宮へ移植するので
成功率が上がります

40歳以上の方の不妊治療の現実的な選択肢は
海外での代理出産と卵子提供です
もちろん、その決断をする前に
卵巣の検査を受け
自己卵子での挑戦の可能性を探ることで
決断は促されると思います

Baby for Allが提供しているのは
代理出産だけではありません
業者が盛んに宣伝しているアメリカより
はるかに安い費用で卵子提供を受けることが可能です

クリニックや医師の医療技術も
EUの高い水準をクリアしています

40歳はひとつの境目です
あなたが不妊治療に行き詰っていたら
Baby for Allにご相談ください


2018年2月19日月曜日

注目されるロシアの代理出産(完)

会員制のニュースサイトJBPressが
丸岡いずみさんの代理出産で話題になった
ロシアでの代理出産について
「ロシアで盛り上がる代理出産、欧米からも依頼続々」という
記事をリリースしています

今代理出産を考えている日本の方に必要な情報を
この記事を部分的に引用しながら
Baby for Allが解説したいと思います

以下、記事の引用は青字
Baby for Allの解説は黒字です

前回の続きです
最後にロシア国内法の問題です

法律は? 右往左往する議論
 ロシア家族法11条は、「婚姻関係にあり、受精卵を第三者の女性に移植することに書面で同意した男女は、子供を出産した女性(代理母)の同意が得られた場合にのみ、両親として登録される」と定めている。
 つまり、形式的には代理母に親権があるが、代理母がそれを放棄することで、依頼者夫婦が正式な両親となるというステップを踏んでいるのである。
 このため依頼者側からすれば、いくら契約書があったとしても、代理母の気が変わったら、「子供を引き渡してもらえないのでは?」という不安がつきまとうことになる。
 そこで2016年6月、代理母の同意の有無にかかわらず、子供の出生と同時に依頼人を正式な両親とみなそう、という法案が国会に提出された。
 しかし、その案の検討が続くなか、「現行法ではすべての当事者の利益を保障できないため、当面は代理出産を全面的に禁止するべきだ」という議員も出てきて、議論は紛糾した。
 結局、どちらの案も採択されなかったため、現行では代理母の親権放棄が必須となっている。
 この議論は現在も続いており、先月もモスクワ州・子供の権利担当オンブズマンが「代理母に親権が残る可能性をゼロにし、法律を完成段階に持っていくべき」と記者会見で述べている。

まさにその通りです
これは非常に重要です
日本での手続きでも
代理母の親権放棄が必要で
それは契約時に確認をします

その作業をいい加減にしておくと
この記事が懸念するように
代理母が親権を要求するケースが発生します

アメリカではこの問題が多く発生し
現在では
代理母には親権はなくても
面会の権利や
依頼人やその子供とのコミュニケーションの権利を
要求されるようになっているのです

 婚姻関係にあるカップルだけではなく、男性1人、女性1人でも、代理出産を利用することができる。そのため、法律制定時には予想もしなかったようなケースも生じている。
 サンクトペテルブルグに住むナタリアさんは、自分の息子が不治の病だと分かり、息子に精子を冷凍保存するよう頼んだ。
 息子の死後、ナタリアさんは息子の凍結精子とドナーの卵子を使い、受精卵を作った。それを代理母に移植し、無事に男の子が生まれ、代理母に親権を放棄してもらった。
 こうして、遺伝上の祖母となったナタリアさんだったが、「父も母も存在しない子は登録できない」と、役場で出生登録を拒否されてしまう。
 結局ナタリアさんは裁判を起こし、出生証明書を勝ち取った。苦肉の策として、出生証明書の母親欄にはナタリアさんの名前が記載されることになった。

このケースは極端な例ですが
ゲイやシングルの人が
代理出産を依頼することを受け入れるかどうかは
クリニックによって違います

Baby for Allも提携しているエージェント、クリニックも
それはお断りしています

なぜならば代理出産は
子供に恵まれない方の最後の手段であって
家族関係や子供の将来が不透明な方に
提供するべきではないと考えているからです

記事はこの後も
ロシアの代理出産の実態をレポートしていますが
直接皆さんと関係がないので割愛します
興味のある方はリンクから直接お読みください

丸岡いずみさんの代理出産で
にわかにクローズアップされたロシア
しかし、言葉の問題、法律の問題
手続きの問題などを考えると
自分たちだけでチャレンジするのはリスクが大きすぎるし
にわか業者に依頼して
費用が掛かればロシアで行う意味もありません

堅実な方法をお考えの方は
ぜひ、Baby for Allにお問い合わせください


2018年2月18日日曜日

注目されるロシアでの代理出産(3)

会員制のニュースサイトJBPressが
丸岡いずみさんの代理出産で話題になった
ロシアでの代理出産について
「ロシアで盛り上がる代理出産、欧米からも依頼続々」という
記事をリリースしています

今代理出産を考えている日本の方に必要な情報を
この記事を部分的に引用しながら
Baby for Allが解説したいと思います

以下、記事の引用は青字
Baby for Allの解説は黒字です

前回の続きです

ノヴァ・クリニック受付
 代理母の出産は提携しているモスクワ市内の産院で行う。この産院の有料棟では、依頼者夫婦は泊まり込みで赤ちゃんの世話をすることができる。子供ができたという実感を得たい依頼者にとって、この家族水入らずのサービスは特に好評だ。

出産後、泊まり込みで世話をできるのは
とても良いサービスだと思います
通常、赤ちゃんは退院後
手続きが終わるまで
ホテルやアパートなどでお世話をすることが多いです

 依頼者が無事、両親の欄に自分たちの名前が入った出生証明書を受け取ったところで、ノヴァ・クリニックのサービスは終了するのである。

ここが問題です

出生証明書だけでは
日本の戸籍を取ることはできません

通常、海外で出産した場合には
出生証明書と出生届だけで
手続きは終了するのですが
代理出産の場合には
この方法を取ることは民法に抵触します

実は、代理母の妊娠中から
役所に根回しをして
書類を提出しておかなければ
手続きに恐ろしく時間がかかるのです
クリニックや代理母に書いてもらう書類もたくさんあります

だから、このロシアのサービスを利用する場合
手続きを知っているか
或いは
手続きを知っている業者の介在が不可欠です

 日本語の情報サイトなどを見ると、日本人がロシアで代理出産を行う場合、費用は数百万円から1000万円、と書かれている。
 しかしアンナさんによれば「ケースにもよりますが、当医院の場合、1000万円では全く足りません。それでも、欧米の病院から比べればかなりの低価格です」とのことだ。
 ロシアでもハイクラスの病院で至れり尽くせりのサービスとなれば、それなりの出費が必要ということだろう。

ここが最大の問題です
1000万円という金額を聞いて
手が届く範囲だと思う人はまれでしょう

そして、これ以外に
渡航費、滞在費
手続きの書類収集、翻訳などを加えると
さらに数百万円かかってもおかしくありません

もちろん、もっと安いところが
ロシアにもあると思います
しかし今度は
法律を守っているか
医療技術や施設に問題はないかなど
別の問題も考えられます

Baby for Allでは
お申し込みからご帰国まで
一貫したサービスを
少なくともこの記事のクリニックより
遥かに安い金額でご紹介しています

お気軽にお問い合わせください