【重要】代理出産を事実上禁止しようとしている自民党PTに、抗議のメールを送りましょう!
自民党のプロジェクトチームが国会に提出しようとしている生殖補助医療法案は、条件付き代理出産を認めるとは言いながら、その条件というのは、子宮がないこと(子宮があって不妊という人が殆どです)、金銭の授受を認めないこと(ボランティアで代理母になる人を見つけることは不可能に近いです)で、事実上代理出産を禁止するものです。この法律は不妊に悩む人々の最後の望みを断ち切る天下の悪法になります。メディアでは、いわゆる「子供の出自を知る権利」ばかりが報じられていますが、それに誤摩化されてはいけません。現在のような内容での新法案を撤回するように、皆さんの声を結集しましょう。不妊に悩む人々の気持ちを無視した生殖補助医療法など、全く意味がないものです。手遅れになる前に、当事者である皆さん自身が意見表明をしてください。
ここをクリックすると、自民党にあなたの意見を送るページに繋がります。

※インドの情報についてのご注意

▶インド政府は2015年10月28日、外国人がインド人女性を代理母とした代理出産を利用することを禁じる方針を明らかにしました。これで「代理出産のメッカ」であったインドでの外国人向け代理出産は幕を閉じることになります。
Baby for All ではこれまで、合法的に代理出産が行える国として、インドの代理出産もこのブログでご紹介してきました。そのため、過去記事の中に、一部インドの過去の情報が残っていることがあります。ご注意ください。
また、会員専用ページの内容も、インドの情報が記載されていますので併せてご注意ください。

2018年6月19日火曜日

新しい法律を作る前に、不妊に悩む人の意見を聞く機会を!

メディブリッジの玉置元社長逮捕という
衝撃的な事件を思えていらっしゃいますか

逮捕容疑は金銭の問題でしたが
代理出産を大きく宣伝している同社で
そのようなことがあったということは
当局が代理出産業者の金の動きを見ているということですね

場合によっては今後
代理出産の代理出産関連の法律を作ることが
加速される可能性があります

現在、有事法制や、憲法改正など
他の重要な問題がいろいろとあって
しばらく後回しになっているようですが
ある意味で、新しい法律ができるよりも
今のままのほうがまだましです

しかし、ドサクサに紛れて
こういう問題が片付けられてしまう可能性もあります
注意が必要です

これまでの議論では
一番肝心な、不妊に悩む人の意見が
全く無視されています

子宮がない人だけに代理出産を認めることを
代理出産を部分容認と報じられています
しかしそれはまやかしです

不妊の原因は、不明であることが多いのに
その人たちを置き去りにしてしまうことの
どこが「部分容認」なのでしょうか?
馬鹿にするにも程があります

もちろん、不妊に悩む人の中にも
代理出産を否定する人はいるでしょう
しかし、彼らの意見を全く聞いていない現状は
常識的に考えておかしいです

例えば、障害者の意見を聞かないで
バリアフリーの家は建てられません

もちろん、人のいのちと関わることを
それと単純比較することはできませんが
現在、世界中の数千人もの不妊に悩む人が
代理出産のできる場所を求めて
地球を移動しているのです
その事実を無視したまま
議論している現状は
魔女狩りとほとんど一緒です

近年、スイスに渡航する
欧米人が増えているということです
理由は何か?
安楽死を求めてです
スイスでは安楽死が合法なので
それを求めて渡航するのだそうです

その是非を私たちは
云々することはできません
なぜなら、末期がんで
全身の痛みに苦しんでいる人に
あなたは死んではいけない
そのまま治療を受けて我慢しなさいと
誰がいえますか?

彼らがスイスを目指すことを
私たちは止めることはできないでしょう

代理出産の流れを止めようとする人は
それと同じことを強いているのです

そういう非人道的なことをしているのだということに
早く気づくべきです

2018年6月18日月曜日

代理出産は日本でも行われている?!

以前、中国の大金持ちが
日本国内で代理出産を行い
日本国籍を取得させて
財産をその子供の名義にして
中国崩壊に備えているという新聞記事がありました

中国の景気が中長期的に落ち込んでいく中
共産党の幹部をはじめとする金持ちが
日本のみならず
欧米に子女を留学させた
最終的に移民させることは
かなり前から行われてきましたが
ここに来て、代理出産がその
「マネー・ロンダリング」に利用されているというのです

私たちは、代理出産は
「不妊治療」の延長線上にあるべきものと位置づけています

世の中にある代理出産への批判の多くは
代理出産が不妊治療以外の目的で
悪用されることにあります

私たちはこういうかたちでの代理出産には強く反対し
法による規制を作ることを支持します
しかしその一方で
代理出産を禁止するのではなく
不妊に悩むご夫婦の最後の望みの綱として
国内、国外を問わず
合法的に代理出産が行えるシステムが構築されることを
期待しています

2018年6月17日日曜日

日本産科婦人科学会を怒らせた異端の医師の主張

産経新聞が以前、非常に興味深い記事を書きました
『「病院は金のためなら平気で子宮を奪う」異端医師・近藤誠氏の週刊誌記事に「産科婦人科学会」怒り心頭』
内容は産経新聞を読んでいただきたいのですが
ここで、子宮頸がんについて
病院は必要のない手術をして
金のために平気で女性から子宮を奪っている
そして、子宮頸がんワクチンは必要ないと
近藤医師は述べているようです

Baby for Allでも
子宮頸がんワクチンは
その重篤な副作用が何故か隠蔽されていることに
疑問を呈しており
強制摂取や米国で行われている
男児への摂取に反対を唱えていますが
手術云々についてはわかりません

ただ、産婦人科医の中には
どう考えても金儲けしか考えていないような例が
実際にあることを
皆さんからの相談の中で見出しています

10年も不妊治療を続ける…
40代後半で受精卵を作らせる…
常識的に考えて
金儲け以外の何物でもないと思います

もちろん、患者さんの希望を叶えることも
医師の仕事かもしれません
それならば
なぜ代理出産をしようとしないのか
全く矛盾しています

可能性がないのであれば
それをはっきりと告知し
他の道を示唆することもできるはずです

近藤医師の話が全てだとは思いません
患者さんのために真摯に治療に取り組んでいる医師のほうが
悪徳医師よりも多いと私達も信じています
しかし、すべてがそうでないことも
私達は知っています

あなたの主治医は
大丈夫ですか?

2018年6月16日土曜日

日本でも代理出産は合法なんですよ!

未だに代理出産が違法だと
勘違いしている人が多くいます
このサイトで
再三皆さんへお知らせしているように
日本の現在の法律は
代理出産で生まれた赤ちゃんの権利も
しっかり守ってくれています

そもそも、代理出産が違法なら
Baby for Allは仕事をすることができません
実際に長野県で堂々と代理出産をしていた
根津医師も犯罪者になってしまいますが
そんなことはなかったですね?

根津医師の代理出産に対する考えと
Baby for Allの考えには開きがありますが
それでも、代理出産を不妊治療の延長上に位置づけ
患者のためにそれを行ってきた根津医師を
私たちは尊敬しています

だからこそ自身が不妊治療をして
卵子提供で赤ちゃんを授かった野田聖子議員も
根津医師との共著を著したのでしょう
代理出産を規制しているのは
日本産科婦人科学会ですが
彼らは法律家ではありません
Baby for All
何らかの形で代理出産をコントロールする法律は
必要だと考えていますが
それは、不妊に悩む方への
福音となるべきものであると考えています

繰り返します

日本での代理出産は合法です
あなたの願いを叶える最後の手段なのです

2018年6月15日金曜日

業者を比較しましょう(完)〜契約前の相談は無料ですか?

 契約前から相談料を取る業者がいます。先ほども書きましたが、代理出産にたどり着くまでに、経済的に疲弊しているご夫婦に、毎回お金を取って相談を受け付けるというのは、余りにも足元を見たやり方です。  
 Baby for Allでは、希望の方にだけに有料で電話相談・面談を提供していますが、ご契約にいたるまでのメールでのご相談は、全て無料です。
 とことんご質問いただき、他の業者とも比較してください。そして、ご夫婦ともども納得された上で、ご契約なさることをお勧めしています。Baby for Allは絶対に無理強いは致しませんので、安心してお問い合わせください。  
 あなたの勇気を、私たちは応援しています。