【重要】代理出産を事実上禁止しようとしている自民党PTに、抗議のメールを送りましょう!
自民党のプロジェクトチームが国会に提出しようとしている生殖補助医療法案は、条件付き代理出産を認めるとは言いながら、その条件というのは、子宮がないこと(子宮があって不妊という人が殆どです)、金銭の授受を認めないこと(ボランティアで代理母になる人を見つけることは不可能に近いです)で、事実上代理出産を禁止するものです。この法律は不妊に悩む人々の最後の望みを断ち切る天下の悪法になります。メディアでは、いわゆる「子供の出自を知る権利」ばかりが報じられていますが、それに誤摩化されてはいけません。現在のような内容での新法案を撤回するように、皆さんの声を結集しましょう。不妊に悩む人々の気持ちを無視した生殖補助医療法など、全く意味がないものです。手遅れになる前に、当事者である皆さん自身が意見表明をしてください。
ここをクリックすると、自民党にあなたの意見を送るページに繋がります。

※インドの情報についてのご注意

▶インド政府は2015年10月28日、外国人がインド人女性を代理母とした代理出産を利用することを禁じる方針を明らかにしました。これで「代理出産のメッカ」であったインドでの外国人向け代理出産は幕を閉じることになります。
Baby for All ではこれまで、合法的に代理出産が行える国として、インドの代理出産もこのブログでご紹介してきました。そのため、過去記事の中に、一部インドの過去の情報が残っていることがあります。ご注意ください。
また、会員専用ページの内容も、インドの情報が記載されていますので併せてご注意ください。

2018年12月13日木曜日

お医者さんが書いた代理出産の現状認識(4)

代理出産に関する記事がアップされました

私たちのブログの読者にとっては
たいした内容は含まれていないのですが
何回かに分けて引用し
解説しておきたいと思います
引用部分は青字で示しました。

代理母出産(代理懐胎)とは?問題点と日本の現状、よくあるトラブル(4)

 子どもが欲しくても授からない、不妊治療ももう限界。そんな人たちの選択肢の1つに代理母出産という方法があります。代理母出産とは、妊娠や出産をあきらめていた人たちの一筋の光り。日本ではなじみのない代理母出産とはなんなのでしょうか。そして、日本での現状、課題、実際に起こったトラブルについてみていくことにしましょう。

この記事の監修ドクター
藤東クリニック 藤東淳也先生
https://fujito.clinic

国の見解

 2008年に自民党のプロジェクトチームが病気などで子宮のない人、あるいは先天的に子宮を持っていない人、そして卵子や精子に関しては夫婦のものを使って、代理出産は行ってもいいということ、そして報酬は無償であるという案を決めました。しかしその後の進展はなく代理母出産については宙ぶらりんの状態です。
 
現在、代理出産には賛否、両論がありますが、子どもが欲しくて他国に出向く夫婦がいるのもまた事実です。現行法では、出産を担った女性が子どもの母親であるとされ、代理出産を依頼した夫婦が子どもを迎えるには「特別養子制度」の利用が一般的になり、つまり戸籍上は実子ではなく養子という判断となります。日本では胚・受精卵提供による体外受精の規制が成熟していないため、今後ますます海外での代理出産を希望し、国外へ行く人も増えてくると思われます。
そういった意味でも法の整備をしっかり行い、代理母出産についてどうするのか検討していく必要があると思われます。また、日本で出生届を提出する際には実子として認められないため、特別養子制度のあり方についても重要となってくるといえるでしょう。

 この先生は特別養子の制度を誤解していると思いますが、特別養子とは、養子を戸籍上実子にすることを意味しています。だから現状でも、代理出産で生まれた子供は、養子ではなく「実子」です。
ただ、先生が言う通り、日本で制度ができなければ、海外で代理出産を受ける人は増えるでしょうし、非合法にすれば地下に潜るようになるわけで、重要なことは、権利を守りつつ、誰もが幸せになれるような代理出産の制度を構築することにあるのです。

(続く)

2018年12月12日水曜日

お医者さんが書いた代理出産の現状認識(3)

代理出産に関する記事がアップされました

私たちのブログの読者にとっては
たいした内容は含まれていないのですが
何回かに分けて引用し
解説しておきたいと思います
引用部分は青字で示しました。

代理母出産(代理懐胎)とは?問題点と日本の現状、よくあるトラブル(3)

 子どもが欲しくても授からない、不妊治療ももう限界。そんな人たちの選択肢の1つに代理母出産という方法があります。代理母出産とは、妊娠や出産をあきらめていた人たちの一筋の光り。日本ではなじみのない代理母出産とはなんなのでしょうか。そして、日本での現状、課題、実際に起こったトラブルについてみていくことにしましょう。

この記事の監修ドクター
藤東クリニック 藤東淳也先生
https://fujito.clinic

日本産科婦人科学会の見解

 日本産科婦人科学会の見解としてはまず、代理母に依頼すること自体が妊娠と出産によって育まれる母と子の絆を無視するものであり子の福祉に反するとしています。さらには出産した女性に子どもへの愛着がわき子どもの引渡しを拒否したり、障害児が生まれるなど依頼者の期待と異なっていた場合に依頼者が引き取らないなどの問題が起こった時、子どもの生活環境や精神発達過程において問題が出てくるのではないかという懸念もあります。

 母と子の絆を無視するようなことは、赤ちゃんポストを通じて養子縁組でも起こりうる話で、何故代理出産だけを特別視するのかが理解できません。また、代理母が子供に愛着を持つことを許容する国では、それが面会権などのかたちで認められているし、引き渡しを拒否することは契約上できません。障害児が生まれた時も同じです。子供の生活環境や精神発達過程で問題が出るというのは、すべて思い込みに由来しています。今までそのような事例があったのでしょうか。

 この日本産科婦人科学会の見解にかけているのは、不妊に悩むご夫婦の切なる願いです。医師がそれを無視しているということです。

 また、代理の母への妊娠・出産にともなう身体的・精神的負担や家族関係を複雑にする、さらには代理出産に関して有償か無償かという問題もあります。有償であれば母体を商品化する、児童の売買や取引を認めることになり、無償であっても代理母を心理的に又は身体的に隷属状態に置くなど、営利を目的として代理懐胎の斡旋をする者や代理母出産に関わる機関が出現し、経済的に弱い立場にある女性を搾取、自動(ママ)売買の危険についても述べられています。

 家族関係が複雑になるということはありません。これは民法の問題であって、代理出産の問題ではありません。また、代理母の搾取については、法規制で解決できる問題であって、子供を持つことで幸せになれる人と、子供を人のために産むことで幸せになれる人がいるという素朴な事実が無視されています。

(続く)

2018年12月11日火曜日

お医者さんが書いた代理出産の現状認識(2)

代理出産に関する記事がアップされました

私たちのブログの読者にとっては
たいした内容は含まれていないのですが
何回かに分けて引用し
解説しておきたいと思います
引用部分は青字で示しました。

代理母出産(代理懐胎)とは?問題点と日本の現状、よくあるトラブル(2)

 子どもが欲しくても授からない、不妊治療ももう限界。そんな人たちの選択肢の1つに代理母出産という方法があります。代理母出産とは、妊娠や出産をあきらめていた人たちの一筋の光り。日本ではなじみのない代理母出産とはなんなのでしょうか。そして、日本での現状、課題、実際に起こったトラブルについてみていくことにしましょう。

この記事の監修ドクター
藤東クリニック 藤東淳也先生
https://fujito.clinic

代理母出産(代理懐胎)は認められる?

 代理出産について日本では認められているのでしょうか。また、代理出産について日本ではどのような見解があるのでしょうか。日本産科婦人科学会や国の見解をみていくことにしましょう。
代理母出産に関する法は国によって違う
現在日本では、代理出産は認められていません。生殖補助医療の公的規制がなく今日まできています。諸外国をみてみると、代理出産を禁止する国と許容する国に分かれています。

 代理出産を禁止している国には、日本をはじめ、フランス、ドイツ、イタリア、スイスなどがあります。一方、全面的や部分的に代理出産を許容している国には、イギリス、アメリカ(一部)、オランダ、ベルギー、カナダ、ハンガリー、フィンランド、オーストラリア(一部)、イスラエル、デンマーク、ギリシャ、ルクセンブルク、ロシア、アルゼンチン、ブラジル、インド、ニュージーランド、ベトナム等があります。こうしてみると先進諸国の中では、部分的にせよ代理出産を許容している国が多いことがわかります。

 代理母出産は、その国々の法律によって違い、認められている内容も違います。海外で代理母出産を行う場合はその国での代理母出産について調べる必要があります。

 日本では禁止しているというのは間違いです。なぜなら、法律が存在しないのだから、認めていないわけではないのです。だから、諏訪マタニティクリニックの根津医師は、代理出産を手掛けたことを公表していますが、逮捕などされていません。
 問題は、日本産科婦人科学会が規制していることで、筆者のように「禁止している」と思い込んでいる人が多いということです。もちろん、学会が規制すれば公にはできません。しかし、それをもって「禁止している」というのはおかしいと思います。
(続く)

2018年12月10日月曜日

お医者さんが書いた代理出産の現状認識(1)

代理出産に関する記事がアップされました

私たちのブログの読者にとっては
たいした内容は含まれていないのですが
何回かに分けて引用し
解説しておきたいと思います
引用部分は青字で示しました

代理母出産(代理懐胎)とは?問題点と日本の現状、よくあるトラブル(1)

 子どもが欲しくても授からない、不妊治療ももう限界。そんな人たちの選択肢の1つに代理母出産という方法があります。代理母出産とは、妊娠や出産をあきらめていた人たちの一筋の光り。日本ではなじみのない代理母出産とはなんなのでしょうか。そして、日本での現状、課題、実際に起こったトラブルについてみていくことにしましょう。

この記事の監修ドクター
藤東クリニック 藤東淳也先生
https://fujito.clinic

代理母出産(代理懐胎)とは

 代理母出産、代理懐胎とは子どもを希望している女性が、子宮などの病気により自分で妊娠・出産をすることが難しく生殖医療の技術を用いて妊娠することやその妊娠を継続し、出産してもらい、生まれた子を引き取ることをいいます。方法としては、サロゲートマザーとホストマザーという2種類の方法があります。
 サロゲートマザーとは、夫の精子から第3者の子宮に人工授精の手技を用いて注入して懐胎させ、この第三者が妻の代わりに妊娠・出産するものです。ですから、父親とは血のつながりがあるということになります。
 ホストマザーは、妻の卵子を体外受精で行われる採卵の手技を用いて妻の体外に取り出し、夫の精子と受精させ、胚となったものを第三者の子宮に移植することによりこの第3者を懐胎させ、この第3者が妻の代わりに妊娠・出産するものです。この場合は、子を授かることを希望している夫婦の子どもということになります。
 さらに海外で代理出産を行う場合、渡航費や滞在費がかかるため費用がかさみがちでちです(ママ)。費用を工面することも重要です。
 また、代理母になるにも条件があり、少なくとも1人の健康な赤ちゃんを問題なく出産した経験があり、子宮の状態が良好であると診断された女性です。また依頼者も高齢であれば卵子を提供し成功する確率が低くなります。さらには代理出産をしたからといって必ずしも赤ちゃんが生まれるという保証はありません。

 基本的には、この説明に大きな間違いはありません。ただ、英語部分については少し認間違いがあります。
 一般に英語では代理出産をSurrogacy(サロガシー)と呼び、代理母をSurrogate mother(サロゲート・マザー)と呼びます。確かに昔は、代理母が卵子提供も行ったのですが、そのようにすると、生まれてくる子供の親権に、代理母が異議を申し立てるというようなトラブルが起こりやすいので、今は、まともなところでは、代理母が卵子提供をすることはありません。
 ここで解説されている「ホストマザー」というのは、ホームステイの際のホストファミリーの家のお母さんがホストマザーで、代理出産の世界では聞いたことがないです。
 IVFで作った受精卵を受け入れる第三者の代理母は、ホストマザーではなく、Gestational carrier(ジェステーショナル・キャリア)と呼ぶことがあります。日本語で「借り腹」と呼ばれる、代理母と血縁関係が発生しない方式が代理出産の方式です。ほとんどの代理出産がこの方式なので、本来Gestational carrierと呼ぶべき代理母も今日では、みんなSurrogate motherと呼ばれています。
 だから、Surrogate motherという記載があっても、その代理母が卵子を提供することはありません。

(続く)

2018年12月9日日曜日

海外でのIVFと卵子提供も承っています。 

Baby for Allでは、代理出産のお手伝い以外に
海外でIVFや卵子提供を希望する方の
お手伝いをしています

今後、生殖補助医療法案によって
そういう治療も規制される可能性が高く
今まで、国内で治療をしていた方も
海外での治療に目を向けざるを得なくなると思います

また技術的にも
日本よりも実績が多い海外のほうが安心です

卵子提供を受けて受精卵を移植することや
受精卵を海外に移送して代理出産に臨むことを希望する方も
是非Baby for Allにお問い合わせください

その他、赤ちゃんがほしい方
どんなことでも結構です
あなたの夢を叶えるために
Baby for Allは真剣にお手伝いします

ご相談は無料です